幸福絶倒ビッケイちゃんねる

ビッケイ占星研究所が運営している、サテライトブログです。


【鑑定練習の軌跡4】過去鑑定を希望された女性。50代。

■過去のお客様の星回りをサンプルにして再度読み直して、鑑定していくととても練習になります。自分自身への振り返りも兼ねて、紹介します。過去の拙い鑑定があって…鑑定しまくって練習して上達して、リピーターさんが増えての繰り返しです(^ω^)

自分自身への自戒の念や奮起のためにやっていこう

 

★過去を知りたい女性。1993年くらい~の軌跡。

 

f:id:bikkei_ss:20201217195125p:plain



 

 

★1993年2月くらい~1997年10月~満を持して、P月が7室…【パートナーの部屋】を運行していました。
P月のPとはプログレス…簡単に言うとその人だけの「人生の予定表」「運勢のスケジュール」を表すものです。
その中でもP月とP太陽というものが非常に重要な指針でしてP月はその時期によって「意識がフォーカスすること」「日常のテーマ」を教えてくれます。それに対してP太陽は「大局的な人生のテーマ」を意味します。

この時期は人生の予定表として、「結婚したいなぁ」とか「パートナー欲しいわぁ」というような意識になる時期と決められています。もし独身であれば内面から「結婚したい」→スイッチ(きっかけ次第)で結婚するような運勢の時期です。

とは言っても20代中盤~30代のいわゆる一般的な結婚適齢期に当たりますから「そんな運勢のスケジュールがどうのこうの言われてもねぇ…」と思われるかもしれませんがそういう時期でした。

 

★特に1996年11月くらい~1997年2月くらいなんかは強運期でしたね。遺産、受け継ぐ、引き継ぐなどの事があったのではないでしょうか。

 

★2000年5月くらい~7月、P月がN.MCと合~2003年明けくらいまで【社会の部屋】を運行
P月っていうのは1周するのに約30年かかります。その30年周期に1度の「山登りの頂上」に来ていた時期でした。
N.MCとは社会運の事ですから、P月がN.MCと合していた時期をピークとして【社会に対して一発かましてやるぜ!!】というような意識にフォーカスしていたと思います。つまりバリバリ社会で活躍するぜ!っていう意識です。
これは他の星の配置にもよりますが結婚運へと繋がる可能性も十分にある配置です。


★で、同時に2001年12月くらい~2003年末くらいまでP太陽がN金星と抱き合っていました。
この時期は…一般的に楽しく喜びのある強運期でした。P月の動きと被っている時期と見ると【2001年~2002年末】までの時期っていうのは
人生でも楽しくてイケイケな時期だったのではないでしょうか。


★2003年4月くらい~2004年2月くらい、外的T天王星が【パートナーの部屋】の入口を運行。
この時期、突発的な出会いと別れ、何かちょっと変わった人との出会いなどありませんでしたか?
その後、T天王星は【パートナーの部屋】を7年ほど運行していましたから、突然の出会いと別れ…これは常に日常にあったと思います。
あるいはちょっと変わった人たちとの出会いですね。そういう「変化」という言葉が不随する出会いと別れの時期です。

 

★2005年7月くらい~2007年8月くらいまで、P月が12室…【秘密の部屋】を運行。
P月が12室…【秘密の部屋】を運行するとセオリー的には人生の冬、生産性がなく何もやる気が出ないような…暗闇の時期だったと思います。
12室はポジティブな意味を持たない部屋です。病院、入院、離婚、リストラ、監獄、スピリチュアルとか…
もちろん全員が全員そういうわけではないのですが、一般的には暗くジメッとした時期ですね。

 

★2007年8月くらい~11月くらいをピークとして、~2009年6月くらいまで、それまでの暗闇に一筋の光が。
この時期、上記の【秘密の部屋】のモヤモヤ&暗闇が嘘のように晴れたりしませんでしたか?
30年周期に1度のスタート・種まきの時期でした。
この時期に新しい事をスタートさせる人も当然います。就職、転職、結婚、独立、引っ越しなど。
そういう事をしたくなるような運勢のスケジュールになっていました。


★ただ、ほぼ同時期の2007年9月~10月前後にT土星の動きもあって、種まきの時期ではあったんだけども同時に負荷もかかっていた星回りでしたね。

 

★ちなみに2007年11月くらい~2007年末くらいに運命的な出会いがありませんでしたか?
P月の動きと連動しているので、もしこの時期に運命的な出会い…それは男女関わらずです。色恋に限らずに、何か出会いがあって憶えていたら教えてください。

 

★2008年5月くらい~2010年11月をピークとして、P太陽が【社会の部屋】に突入~2043年くらいまで。
この時期もすごいですね。まるで大陸が動くようにゴゴゴゴゴッ!と人生が「社会運」の方向へと向いて動き出し始めていた時期でしたよ。
数十年スパンでの話ですから、「社会」「表」「公的」な顔を持つ事を人生の目的とします。
そういう人生になるように生まれた瞬間にスケジュールとして決定しています。


★2009年5月くらい~2011年6月くらいまでP月が【お金の部屋】を運行。
【金の部屋】というのは金運、物質運、スキルなどを意味する部屋です。自分自身で自由に扱える所有物とか。
この時期は「お金、自分にとって大事な武器って何だろ?」というところに意識がフォーカスします。
そこを追い求める時期というか。
つまり、内側の欲求が「それ」に向かうのですから金運が強い時期と言えるのです。


★2013年7月くらい~2015年11月くらいまでP月が4室【家庭の部屋】を運行。
【家庭の部屋】は単純に、家庭・家族・住居・自分のホームとなるような場所を表す部屋です。
そこに意識がフォーカスしていましたから、人によっては(運勢によっては)新居への憧れが強くなり、実際に新居を手に入れるとか
引っ越し、家にいるのが楽しいとか家族との関係性について改めて考えるような時期です。
ただ独身の方の場合はどういうふうに出るのかは正直「?」です。
僕自身の経験で申し訳ないのですが、僕自身は独身で家族も縁を切って天涯孤独の状況です。
その状況で、この部屋の意味する事柄に対してフォーカスするとかはどういう事なのか?と疑問に思っています。
まぁでも基本的に気持ちは内向きになる時期なのかなぁと思います。


★2015年11月くらい~現在もP月が5室【娯楽の部屋】を運行。
【娯楽の部屋】は恋愛を含む楽しい事全般、子供、趣味、起業、投資投機関係などを意味する部屋です。
この時期は「楽しくなけりゃ人生じゃないじゃん!自分の楽しいことを一番に優先させよう!」という人生の予定になっています。
もしくは投資投機関係の勉強をしてみたり、実際に他の星の配置によっては起業する人も珍しくありません。


★直近だと2015年誕生日~2016年誕生日の1年間は大きな変化がありましたね(笑)
ご自身、ライフスタイルに突発的な予期せぬ変化があった星回りです。かなりわかりやすい星回りです。

 

★2016年誕生日~2017年誕生日の1年間の運勢は社会への強い参加意志が目立ちますね。
社会運の変化、同時に人間関係・人脈に大きなビルドアンドスクラップがあったと推測します。
転職によっての変化かもしれませんし、星回りを見て「独立起業したんです」と言われても「あぁやっぱり」と納得出来るような感じです。

 

  

-------------------

P月(プログレス)によって、過去を読み解くというもの。やはりご年配の方の方がたくさん鑑定出来る期間があって、やりがいがあるんですよねぇ。

 

初期は拙い鑑定だったなぁ…(;^ω^)それを考えれば今はとても成長しました。