幸福絶倒ビッケイちゃんねる

ビッケイ占星研究所が運営している、サテライトブログです。


【鑑定練習の軌跡2】過去を知りたい女性。2006年8月くらい~

■過去のお客様の星回りをサンプルにして再度読み直して、鑑定していくととても練習になります。自分自身への振り返りも兼ねて、紹介します。過去の拙い鑑定があって…鑑定しまくって練習して上達して、リピーターさんが増えての繰り返しです(^ω^)

自分自身への自戒の念や奮起のためにやっていこう

 

★過去を知りたい女性。生まれてからの軌跡。

 

f:id:bikkei_ss:20201216204842p:plain



★2006年8月~2008年8月くらいまで、P月が5室運行
20歳前後のことですね。
P月のPとはプログレス…簡単に言うとその人だけの「人生の予定表」「運勢のスケジュール」と呼ばれるものです。
P月はご自身の内面として意識がフォーカスするものを表します。
その時期のテーマというか欲するものというか。
5室というのは【娯楽の部屋】という恋愛など楽しい事全般を意味する部屋でして、子供の事、投資投機関係、起業なども意味する部屋です。
生まれた瞬間に2006年8月~2008年8月くらいまで、そういうものを欲する、意識がフォーカスする時期になると決まっていました。
そういう人生の予定表だったのです。

 

★2007年2月~4月、P月とN太陽が5室で合
特にこの時期は恋愛面でもかなり幸運期だったと推測します。また恋愛面に出なくても、それ以外の【娯楽の部屋】が意味するところの事で良い感じの時期だったとは思います。

 

★2006年4月~P太陽も6室に突入
P月が「そういう時期」を意味するのに対して、P太陽というのは「そういう人生」という大局的な人生の方向性を意味します。
この時期にP太陽は6室…【労働/健康の部屋】に突入していきました。
【労働/健康の部屋】っていうのは単純に労働とか職場運、健康運などを意味する部屋です。
華々しい社会での活躍というよりは地道に労働するとかちょっと辛い部屋なんですね。
これは数十年スパンでの事ですから、この先も大局的な人生の傾向として「労働する」とか「健康面に関すること」が人生のテーマになります。

土台としてはあまりポジティブな傾向ではないかなぁとは思いますが(;^ω^)

 


★2008年9月~2010年5月までP月が6室運行
しかも、この2008年9月~2010年5月までP月も【労働/健康の部屋】を運行していましたから余計にそういう職場とか働くっていう事に対して意識をフォーカスせざるを得ない状況の時期だったかと推測します。
雇用する/されるという事、あるいは健康面でちょっと気になる事があって意識せざるをえない時期だったかと。

 

★2008年10月前後、P月とP太陽が重なる。P月の新月
ここは30年周期のリスタートの時期だったと思います。もしかしたら新しい職場環境や、健康問題に関しての新展開というか、そういうポジティブな時期だったと思いますよ。

 

★2010年P月が満を持して、7室に突入~2012年末くらいまで
P月が【労働/健康の部屋】を運行していて、ちょっと辛い時期だったのも終わり、満を持して、P月は7室…【パートナーの部屋】に突入していきました。
この時期は人生の予定表として、「結婚したいなぁ」とか「パートナー欲しいわぁ」というような意識になる時期と決められていました。
多くの人にとって、内面から「結婚願望」が出る時期ですから、年齢によっては婚活を頑張ってみたりとか…それによって他の星の状況によって→結婚するという方が多いです。

 

★2012年5月~T木星も7室に突入~2012年6月、T木星とN火星が7室で合。N火星は5室【娯楽の部屋】支配星
2012年5月、6月からをピークとして恋愛面が華やいだ時期ではありませんでしたか?

あるいは【娯楽の部屋】を意味するところから、人間関係が拡がる→起業に繋がるとかそういう星回りでもおかしくなかったと思います。
でも女性ですから、単純に恋愛面で出るのがセオリーかなぁとは思いますが。


★2012年10月~12月末、TノードとN.ASCの合
ちょっと運命的な人間関係の出会いとか出世に絡んだ案件などでドーン!といってもおかしくなかった時期です。

この配置を迎えると、有名人だと、例えば…おぼっちゃま君の作者で知られる小林よしのり氏が日本中で物議をかもした「戦争論」を出版したり、ロンブー淳氏が今でも続くロンハーを開始した時期だったりします。有名になるとか、1ステップ上にいくような感じなんですね。ちなみに僕は今年の2月くらいにこの星の配置がきまして…転職しました。ここで知り合った人たちが後々運命的なものになっていくのだと思います。

 

★2014年6月~10月、2015年3月末、2015年12月~2016年2月T天王星とN太陽が5室で合(抱き合う星の配置)
ここも「突発的な変化」の時期ですね。上の【パートナーの部屋】が盛り上がった日と重なる部分は特に「突発的な変化」が起きていたのではないでしょうか?
変化というか、良くも悪くもサプライズですね。この【娯楽の部屋】を意味するところでのサプライズです。
それは突然の恋愛の始まりとか。
元々宿命的な要素として、そういう「楽しいこと、娯楽」を人生で求めるというのがあるんです。

 

★2014年7月末、8月末、N月-P月-T月が合
これもちょっとすごい星の配置だったなぁと思います。何か印象的な事が起きたのなら思い出してみてください。
N月とP月もしくはN月とT月が合するというのは珍しい事ではありません。
すごかったのはこの3つが同時に合していたという事です。
N月とP月の合は誰でも27歳くらいに迎えます。これは私生活での新しいスタートがあったのではないでしょうか。
わかりやすい人だと結婚して、新しい(私)生活を始めるとか、そういう人もいるでしょうね。


★2015年末~P金星とN太陽が5室で合~2016年5月~P木星とN太陽が5室で合~現在
で、ここなんですけども多分2015年末~めっちゃ楽しい時期、強運期が続いています。
しかもそれは【娯楽の部屋】を意味するところでの意味合いです。
単純に「楽しい」華やぐ時期なのです。
生まれた瞬間に2015年末~(現在も続いています)、楽しい強運期になる決まっていました。そういう人生の予定表なのです。

 

  

-------------------

P月(プログレス)によって、過去を読み解くというもの。

昔こんなのやってたなぁ。

初期は拙い鑑定だったなぁ…(;^ω^)それを考えれば今はとても成長しました。